鳥取県の西部にある手間要害山の麓の南側にある「倭」から、大国主命が「出雲国だけは守る。」と言った伝承地─安来市伯太町の青垣山が、すこぶる近いということがわかります。伯耆国と出雲国の道は、手間關のある官道しか『出雲国風土記』には記載がないけれども、実際にはいくつかの伯耆国とつながる道があり、その境界が...

手間要害山の周りの地名や神社を見て回るとたいへん面白いことに気づきます。南には手間要害山を取り囲むように、賀茂神社が3つあります。それから、西南に「倭」の地名、それから倭姫命を祭神とする高野女神社に由来する「高姫」の地名、そして南西の下側に「鴨部」の地名、それから想像することは、大和の賀茂族です。ひ...

赤猪石の伝承赤猪岩とは、八十神が赤い猪だと言って大国主命をだました赤く焼けた岩です。江戸時代の末期に書かれた安政5年の『伯耆志』(1858年)には、赤猪岩(文章中では赤猪石なので以後「赤猪石」の語句を使う。)の様々な伝承が書かれています。赤猪石と思われる石は、一つではなくさまざまな場所にあったようで...

『古事記』(712年)の稲羽のシロウサギとワニの話には続きがあります。因幡のシロウサギのを助けた大国主命は八上姫と結ばれます。しかし、それをねたんだ八十神(やそがみ)にねたまれ、出雲に帰る途中、あろうことか伯耆にある手間山の麓で、殺されます。八十神たちは、大きな赤い猪を坂の上から追い込むから、下で待...

ブログ

今後取材日記のような記事も書いていく。上の写真は、伯耆の大国主命受難伝説で有名な手間要害山の対面にある、母塚山(はつかさん)である。たいへん形が整った山だ。276メートルある。何年かぶりの訪問になる。ここは車で、頂上付近の展望台まで登れる。舗装された道路ではあるが、車が1台通れるので対向車に気をつけ...

『古事記』(716年)には、様々な大国主命の伝説が書かれています。その受難伝説といいますか、何度も八十神に何度も殺されては、神々の力によって、よみがえってきます。その伝承地を歩いてみました。さまざまな土地のウサギとワニの伝承伯耆の伝承因幡という鳥取県東部だけではなく、鳥取県の中ほどの鳥取県大山町束積...

そもそも 古代出雲

天孫族と出雲族は最初から親戚だったというのが今回のテーマである。国譲り神話が頭に染みついている人には、理解に苦しむ話だ。まず「ホアカリ」と聞いて、どんな神様か気がつく人はあまりいない。漢字で書くと、「火明命」「天火明命」だ。記紀神話では、ニニギノミコトの息子の中の一人として登場して存在感がない。しか...

伝承地を歩く

鬼神神社のある鳥上の里からの写真です。左手の円錐形の山は、「家内住山」(標高1080m)といい、テナヅチ・アシナヅチ・稲田姫が住んでいたところとされています。右手の水平な山が船通山で、標高1142mあります。鳥上山(現在の船通山)船通山は奈良時代には「鳥上山」と呼ばれていました。スサノオのヤマタのオ...

伝承地を歩く

鬼神神社から横田の町の中へ行ったところに稲田姫の生誕の伝承地があります。横田高校から、すぐの場所で、稲田神社に行く道の途中にまず「笹宮」が見えます。笹宮笹宮の前の説明板です。竹べラから萌芽した笹宮 テナヅチが産湯の池のほとりでイナタヒメを産みおとした時、アシナヅチは竹のヘラで臍(へそ)の緒(お)を切...

伝承地を歩く

鬼神神社  島根県仁多郡奥出雲町大呂2058ここの鬼神(おにがみ)神社の名称は、『雲陽誌』(1717年)にすでに載っています。江戸時代の半ばにはこの名前だったのです。『古事記』『日本書紀』に描かれる、スサノオノミコトの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治で有名な鳥髪山(現在の船通山)の麓にある神社です。八...