そもそも 古代出雲

はじめにここでは、主に中国地方で盛んにおこなわれている、藁で作った蛇を神木に巻きつける荒神について述べます。小さな集落ごと、あるいは近接の合同の集落で祀られるので、様々な祭祀のやり方があり、一概にこのように行なうものとはいい切れません。主に島根県東部、鳥取県や岡山の荒神について述べていきます。なお、...

そもそも 古代出雲

上の写真は、島根県安来市に流れる飯梨川。大国魂神の概略大国魂神 (おおくにたまのかみ)は、奈良県天理市の大和(おおやまと)神社の祭神であり、「日本大国魂大神」「倭大国魂大神」(やまとおおくにたまのかみ」とも呼ばれている。そして、日本の大地主神とされている。現在の大和神社は、本殿3殿並立になっており、...

そもそも 古代出雲

天孫族と出雲族は最初から親戚だったというのが今回のテーマである。国譲り神話が頭に染みついている人には、理解に苦しむ話だ。まず「ホアカリ」と聞いて、どんな神様か気がつく人はあまりいない。漢字で書くと、「火明命」「天火明命」だ。記紀神話では、ニニギノミコトの息子の中の一人として登場して存在感がない。しか...

そもそも 古代出雲

古代史の本には、「出雲族」(いずもぞく)という言葉がでてきますが、その言葉の使われ方は、一貫していないと思います。だから、その出雲族が何なのかという、その前提がいろいろで本を読んでいて混乱します。出雲族とは?下記のような言葉の使われ方があると思います。一般的には、①から⑤が言われている気がします。①...